AGAの治療には、植毛、HARG療法、メソセラピー療法やサプリメントやスカルプシャンプーを利用する方法もあります。

AGA治療方法

植毛

植毛

植毛はその名の通り、髪の毛を頭皮に植えていくという医療行為になります。植えるといっても良くある自毛植毛については、後頭部の一部を頭皮ごと切り取り、細かく株分けした上で薄くなっている箇所に植えていくという、聞いているだけでもちょっと痛そうな治療です。勿論麻酔もするとは思いますが、行うには少々勇気が要りそうです。

特に気になるのは、やはり治療した後になります。かなり改善されてきているとは言われていますが、植えた部分の頭皮はやはり痛々しいイメージがぬぐえません。以前海外の有名なサッカー選手が植毛をしたことをSNSで画像付きで挙げたのですが、以前のM字ハゲの部分が赤くブツブツした痛々しい感じが全面に出ていて正直挙げなくてもいいのにという感じが否めませんでした。

勿論自毛を毛根ごと植えるので、植えた部分で髪の毛も生えますし、抜けもします。普通の発毛サイクルが発生するのでその後は今までと変わりないと言われていますが、明らかにその部分だけ地毛といえどもなんとなく不自然さを感じる方もいるようです。後頭部から持ってくるので、植えた周辺の髪の毛の若干の質感や色などが異なる場合もあるようです。

HARG療法

HARG療法

HARG療法についても、先に触れたように、人の幹細胞から抽出された有効成分を注入するという最先端な治療法とも言えるでしょう。成長因子が含まれた成分には痒みなどのアレルギーを起こすことがなく、勿論副作用もありません。そういった体に大きな負担が少ないという点も特徴的です。

しかしながら、この治療法、非常に痛いそうです。頭皮に注射をするのですが、麻酔の注射もさることながら、治療する際の痛みがかなりあるようで、後々にも続くと聞いています。また、二人に一人が効果を挙げているということも聞きますが、二人のうち片方は失敗する可能性もあるのです。

1回10万以上するにも関わらず、効果がない可能性があるとなると、非常にリスキーな治療かもしれません。更に幹細胞を元にしているということもある為、細胞の成長を促すことからガンになるリスクも高まるという報告も挙がっています。

いずれにせよ、どちらの療法も高額にも関わらず、リスクについては正直否めない点が多いと言わざる得ないかもしれません。

メソセラピー療法

メソセラピー療法

メソセラピー療法は、私が効く限りだとダイエット、要は脂肪分解を行うために部分的に成分を注射するという方法しか聞いたことがありませんでしたが、実はAGA治療にもこうした療法があったのです。

調べてみると、一般的に買うことのできる薬を使いつつ頭皮の薄毛の箇所により成分が効きやすいようレーザーやローラー、注射といった器具を使って投入したり、頭皮のストレスを軽減する為のマッサージや食生活の指南など様々な育毛に特化したカウンセリング等も行ってくれるといった療法です。

レーザーやローラーを使う場合はともかく、先のHARG療法同様注射を使った施術はやはり頭皮に直接ということにもなるので痛いことこの上ないようです。また、先に挙げてきたプロペシアミノキシジルなどを使っていることから、自分で薬を購入して服用してもそこまで変わる気がしないと言うのが正直な思いでした。

勿論、更に浸透しやすく器具を使っていますが、結局のところ成果は半年ほどかかるようですし、通販で購入して自身で薬を飲んで治療する期間とさほど変わりません。

また、治療費についても1回7万と高額な費用がかかってしまう点と同じように効果が表れない場合もあり得るということです。であれば、薬代だけで済む方が経済面でも余裕を持って取り組めそうです。

サプリメントやスカルプシャンプー

サプリメントやスカルプシャンプー

これ以外にも、薬品ではありませんが医薬部外品やサプリメントなどドラッグストアなどでより手に取りやすい商品も沢山あります。あくまでも医薬部外品であることから、効き目については誰もがいろんな部分で試して知っているように、大きな期待はできません

長く続ければ薄毛の進行は妨げる可能性もあるかもしれないし、宣伝でも言われているように髪の毛も増えるかもしれません。薬と並行してサプリメントを飲んでみたり、シャンプーを使えばそれなりの効果も上がる可能性はあると思います。

しかしこうした効果については商品の性質上謳うことが禁じられています。その観点からも確実性というのは下がります。また、割とシャンプーなどは高額で、大きなタンクの商品だと6,000円ぐらいしてしまいます。その為、通販の薬代と変わらないという点も否めません。

やはり同じぐらいの金額がかかるのであれば、確実に実績を挙げれるプロペシアやミノキシジルなどの治療薬を使いたいと考えてしまいます。

プロペシアの通販

AGAの症状・原因