ミノキシジルはAGAに効果のある治療薬です。通販では日本で販売されているものよりも効果のあるお薬が安く販売されています。

ミノキシジルの効果、副作用

ミノキシジルの効果

ミノキシジルの効果

ミノキシジルは、その名前が成分名と同じになります。フィナステリドは髪の毛のサイクルを乱し、生える毛根も休眠状態に陥らせてしまう最大の要因とも言える男性ホルモンの作用を抑えることで正しい毛髪サイクルに整えて髪の量を増やす効果がありますが、この成分の場合は、毛根内の髪の毛を生成する部分に強く作用します。

毛根内にある毛乳頭と呼ばれる部分では、髪の毛を作るのに頭皮の血管からせっせと栄養を取り入れてはたんぱく質を合成しています。元々血管を拡張し高血圧を治す目的で開発された成分でもある為、体全体の血流をよりスムーズにするので更に栄養が頭にも届きやすい状態になるのですが、それだけでなくより毛根内の活動を活発にさせるというのが、この成分の大きな特徴と言えます。その為、生える髪の毛を太くすることも、伸びる率も高くなります。そういう点から二つの薬を使うことがより相乗効果を生むという結果に繋がっているのです。

ミノキシジルを通販で購入

ミノキシジルを通販で購入

こちらの商品も先に説明したように通販で購入した方が断然お財布には優しくなります。多くの薬がそうであるように、国内で手に入れるよりも半額程度で購入でき、且つそれなりの結果をもたらしています。

また、多くのネット上で見かけるように、この薬こそが薄毛を改善すると豪語している人もいるぐらいとても力強い味方とも言えます。こうした点からも、一度は使ってみたい商品の一つに変わりないでしょう。

ミノキシジルの外用薬

ミノキシジルの外用薬

ミノキシジルには、二つのタイプが存在します。一つは国で認められている外用液です。先に挙げたツゲインやカークランド、ロゲインが通販では購入できます。これは一般的なドラッグストアなどでも売られているので、割と誰でも手に入れやすい商品になっています。

ただし、国内で販売されている成分量が1%の商品については、あまり効果を感じない、感じていても非常にゆっくり過ぎてと思われる方が多いかもしれません。しかし、成分量が低いということは、それだけ副作用が出にくいということにも繋がります。

特に外から液体をつけるとなると、皮膚から成分を吸収することになるので、成分の体内への浸透率も若干下がります。こうした点からも、効能が見られるのに牛歩にならざる得ないところでもあります。とはいえ、かつて循環器系で多くの疾病を引き起こした症例が上がっていることからも、一般的に販売される商品には安全面が大きく影響するため、そうせざるを得ないのかもしれません。

しかし、近年では成分量が海外と同じように5%のものも販売されています。その分効能が表れる速度も変わってきているようです。但しその分頭皮の痒みや熱くなるといったアレルギー反応は出やすくなったという方も多いようです。1日2回つけることから、頭皮がベタベタすると感じる人も少なくないようです。

ミノキシジルの内服薬

ミノキシジルの内服薬

そうした点が気になるという方の場合は、もう一つの経口薬タイプが良いかもしれません。体内から成分を取り入れるということになるので、皮膚からの吸収と違って多くの有効成分が取り込めます。その分効果も絶大で、一度経験した人はこれ以上のものはないと思っている人も多いぐらいです。ミノキシジルタブレットが最も有名です。

経口薬や外用液と違い、飲めばそれだけで済む手軽さが何よりの利点でもあります。痒みなどの発生もないので、痒みや頭皮の状態が気になる方はこちらの方がとっつきやすいでしょう。

ミノキシジルの副作用

この薬は、若干副作用に気になる点が多いのもあります。外用液と経口薬によって変わってくる部分もありますが、外用液に含まれる成分のプロピレングリコールがアレルギー反応を起こして頭皮のかゆみに繋がることが多いようです。

経口薬の場合は、より強く効果が出ることから、多毛症になりやすいとも言われています。部分的につけるのと違って体全体にその成分の影響を齎すことから、体毛が濃くなります。濃くなる程度は人によって変わってきますが、かなりの剛毛になる方もいるようなので、その部分で悩む方もいるようです。ですが、頭皮が薄いより全然マシと思う方も間違いなく多いでしょう。

ミノキシジルの注意点

ミノキシジルの注意点

共通の注意点は、低血圧気味の人や狭心症の既往症がある方は循環器系の疾病に陥る可能性があるということです。その為、上記に心当たりのある方や心配な方は使用は控えた方が良いと言えます。

プロペシアの通販

AGAの症状・原因